寝具を賢くお手入れ

正しい布団の干しかたは

  • 布団を傷めないために、カバーはかけたままで、10時~14時の間の2時間程にしましょう。
    布団は叩かず、表面をブラシや手で払うか掃除機で吸い取ります。
    綿や羊毛布団は週1回程度、羽毛や羽根布団は月に1~2回、真綿や絹の布団は陰干しにします。
  • 正しい布団の干しかたは

使わないときの上手な収納

  • 長期間、使用しないときは干して十分に湿気を逃してから収納するのが鉄則です。
    通気性のよい布団袋や布に包み、防虫剤を入れて湿気の少ないところに収納します。
    押し入れならスノコを置き、湿気を逃すようにします。
    また、長期間圧縮して収納すると布団を傷める場合があるので注意しましょう。
  • 使わないときの上手な収納

マットレスを長持ちさせるコツ

  • なかなか干せないマットレスは、風通しをします。
    シーツを外してベッドサイドに立てかけたり、マットの片方を本などをはさんで持ち上げて、風を通しましょう。
    また、ヘタリを防ぎ、長持ちさせるために3ヶ月~半年に一度は裏表を返したり、上下を入れ替えます。
    ヘタリを防ぎ、長持ちさせるためにも、ベッドパッドやプロテクターを併用しましょう。
  • マットレスを長持ちさせるコツ

シーツやカバーは、こまめに洗濯

  • シーツを連続して使うと、汗や汚れが浸透してしまい、寝具の痛みの原因になります。
    毎日が理想ですが、少なくとも週に一度は洗い替えしましょう。
    フケや皮脂が多くなる枕は、毎日でも。
    また、カバーは吸湿性が高くてムレにくい、天然素材がおすすめです。
  • シーツやカバーは、こまめに洗濯